日本の日本語学校が悩む「留学候補生の提出する書類」1

この年末も、頭を抱えるのがこの問題。海外のエージェント(海外日本語学校や書類提出を代行するエージェント)から、日本の日本語学校へ、出入国在留管理庁に提出しなければならない書類が送られてくる。

この書類に纏わるトラブルで、日本へ行けない留学が今も居る。結構多く。おそらく5〜10%程度
日本語側は、海外のエージェントから届く書類を、出入国在留管理庁へ、提出しなければならないが、この書類が、出入国在留管理庁が求めるような物になっていないのである。
ここでは、その書類の種類は書きませんが、年々書類の種類が増えているのは、事実である。

もし心辺りがある学校やエージェントさんは、私たちにお尋ねください。ご相談に乗らせていただきます。

<連絡先>

担当者:アルフィ(女性)             携帯:0817-9942-889 (日本語OK)
PT.Jakarta Laras Citra (Mirai gakuin日本語学校内)
The Icon Business Park Blok F No.6 Jl. BSD Raya, Tangerang

Editor Web
Author: Editor Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です