外国人材受け入れ拡大へ 特定技能の国内受験対象者を拡大

外国人材の受け入れ拡大に向けて、出入国在留管理庁は、新たな在留資格である「特定技能」を取得するための国内での試験の対象について、ことし4月から観光などを目的とした短期滞在者にも拡大することになりました。 新たな在留資格である「特定技能」を取得するための試験は、国外では、フィリピンやカンボジアなど6か国のみで行われていて、受験できる分野も国によって異なることから、受験機会の拡大を求める声が上がっています。
詳細はこちらhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012265661000.html?fbclid=IwAR2Pzh8CgWi4BLi7AVFXGsYMbVgWgxDHW3eLncjFD2rUer633DXSrOT0EOU


Editor Web
Author: Editor Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です