長崎短大(佐世保市)と社会福祉法人福医会(西海市)は、日本の介護現場で働きたい留学生を受け入れ、育成から就職まで連携して取り組むプロジェクトを新年度から始める準備を進めている。高等教育機関と高齢者施設が、外国人介護福祉士の「入り口」から「出口」まで連携する取り組みは全国でも少ない。人手不足の解消だけではなく、地域の介護のレベル向上にもつなげる考えだ。
受け入れるのは、フィリピンの介護士資格を持ち、長崎短大が包括連携協定を結ぶフィリピンの大学で日本語を半年以上学んだ学生。長崎短大の介護福祉士を養成する課程(2年間)に入学する。福医会は奨学金を貸与。卒業後は福医会が運営する特別養護老人ホームやデイケアなどで採用する。
福医会は佐世保市などの施設と人材の“取り合い”に頭を悩ませていた。外国人材に関心はあったが、2年前に介護職種が追加された技能実習制度の活用には慎重だった。

©株式会社長崎新聞社

詳細はこちらからどうぞ

<独自取材>「ジャカルタライフドットコム」 https://jktlife.com/

世界的にも今最も注目されている新しい職業でも注目されているこの「ユーチューバ 」。
「Yuki Jade」さん 

「ジャカルタライフドットコム」https://jktlife.com/在イ日本人のためのウェブサイトからの引用!

https://jktlife.com/v3/index.php?option=com_content&view=article&id=7175:yuki-jade&catid=104:jktlifenews&Itemid=767

Dengan label: , ,

インドネシアで特定技能・技能実習のことなら、責任を持って関係グループ会社にご紹介

在イ日本人が居るJLCへどうぞ。
ホスピタリティに長けている国民性

イスラム教は怖くありません。顔に巻く「ヒジャブ」も仕事に邪魔にならないデザイン・形の物もあります。イスラム教とは、彼らの生き方そのもの!
お祈りは、日本人が忘れかけている「信仰」や「心の拠り所」です。

まずは、お問い合わせください。
アドバイザー 林延幸
Mobile: (+62) 812 9952 066
Email: hkazu@jktlife.com / onlyonejkt@gmail.com

Dengan label: , ,

★制度の概要
 新たな外国人材の受入れのための在留資格「特定技能」は、深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有する外国人材を受け入れる制度です。新たな在留資格「特定技能」は、平成31年4月1日に施行されます。

日本国とインドネシア共和国との間の在留資格「特定技能」に係る協力覚書(MOC)の交換について

1 経緯・背景
法務省では,本年4月からの特定技能制度の開始に向け,関係省庁とともに,外国人材の送出しが想定される国との間で,悪質な仲介事業者の排除等を目的とする協力覚書(Memorandum of Cooperation, MOC)の作成に向けた協議を進めてきました。
そして,本年6月25日,インドネシアとの間で,協力覚書の署名・交換を行いました。

2 MOC概要
日本国法務省,外務省,厚生労働省及び警察庁は,インドネシア共和国労働省と協力し,以下の事項等を通じて,特定技能における悪質な仲介事業者の排除に努め,インドネシアからの有為な人材の円滑かつ適正な送出し・受入れを促進していきます。

・仲介事業者等による保証金の徴収,違約金の定め及び人権侵害行為等の情報を含む,円滑かつ適正な送出し・受入れに資する情報の共有
・本制度の適正な運用に向けて改善が必要となる問題の是正のための協議の実施

【英語】インドネシア「特定技能」に係る協力覚書(MOC) 【PDF】
【日本語】インドネシア「特定技能」に係る協力覚書(MOC) 【PDF】
【インドネシア語】インドネシア「特定技能」に係る協力覚書(MOC) 【PDF】

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri05_00028.html

Top