留学生の育成、就職へ連携 長崎短大と福医会 外国人介護人材受け入れ

長崎短大(佐世保市)と社会福祉法人福医会(西海市)は、日本の介護現場で働きたい留学生を受け入れ、育成から就職まで連携して取り組むプロジェクトを新年度から始める準備を進めている。高等教育機関と高齢者施設が、外国人介護福祉士の「入り口」から「出口」まで連携する取り組みは全国でも少ない。人手不足の解消だけではなく、地域の介護のレベル向上にもつなげる考えだ。
受け入れるのは、フィリピンの介護士資格を持ち、長崎短大が包括連携協定を結ぶフィリピンの大学で日本語を半年以上学んだ学生。長崎短大の介護福祉士を養成する課程(2年間)に入学する。福医会は奨学金を貸与。卒業後は福医会が運営する特別養護老人ホームやデイケアなどで採用する。
福医会は佐世保市などの施設と人材の“取り合い”に頭を悩ませていた。外国人材に関心はあったが、2年前に介護職種が追加された技能実習制度の活用には慎重だった。

©株式会社長崎新聞社

詳細はこちらからどうぞ