Asosiasi Sekola Bahasa Jepang 10

【協会のご紹介】

<協会ビジョン>
インドネシア人の方々に優れた日本語能力を身に付けていただき、その能力を活かし、日本とインドネシアの両国で活躍する人材を育てる!

<協会ミッション>
インドネシアと日本の日本語学校を繋ぎ、学生たちがより上手く勉強できる体制を作る。より優秀な日本語学習生を育て、コミュニケーション能力の高い人材を輩出する。

<ビジネス内容>
インドネシアと日本の両国の日本語学校を繋げて、より優れた学生を日本に送り出すために、有意義な情報交換や日本語学校同士の交流を深める。ホームスティプログラムの作成と実施なども行う。

主に、<ウェブサイトnihongoidn.com>を利用し

両国の登録日本語学校へ入学できるように、案内、紹介、打ち合わせ、手続きなどの具体的なサポートをする。

詳細はお問い合わせください!

団体名:PT. Jakarta Laras Citra
連絡先:The Icon Business Park Blok F6
Jl. BSD Raya, Sampora, Cisauk, Tangerang Banten 15345

担当者:Ms.Alfi (日本語対応可・インドネシア人)
alfi@miraigakuin.co.id
alfi.mirai2018@gmail.com

Baner Service(バーナー広告)
<Sekolah Bahasa Jepang di Jepang dan Indonesia>

Sekolah Bahasa Jepang di Jepang インドネシアの日本語学校
   
   
   

ウェブサイト「日本語教師ガイド」を利用させていただいて、日本語の教え方を検討してみたく思いました。https://guide.nihongokyoshi-net.com/

まず、教え方として一般的なのが英語やその国の生徒の言葉(=媒介語と言います)で教える方法と日本語で日本語を教える方法があります。

国家資格の介護福祉士を養成する専門学校や大学に4月に入学した外国人留学生数は、初の2千人台となる2037人に上り、昨年から倍増したことが3日、公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)の調査で分かった。日本人を含む全体の入学者数は6982人で3割近くを外国人が占めた。日本人は減少傾向が続く。

続きはこちらから

タグ:

★制度の概要
 新たな外国人材の受入れのための在留資格「特定技能」は、深刻化する人手不足に対応するため、生産性向上や国内人材の確保のための取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において、一定の専門性・技能を有する外国人材を受け入れる制度です。新たな在留資格「特定技能」は、平成31年4月1日に施行されます。

Top